転職後は頑張りすぎないこと!気持ちを切り替えてストレスをなくそう

「転職後に頑張りすぎている」と感じている人もいますよね。たとえば、会社から期待されて入社した場合は、つい頑張りすぎてしまうこともあるでしょう。

しかし、転職後に頑張りすぎてしまうと、仕事でストレスを感じ、疲れてしまいますよね。

そこで本記事では、転職後に頑張りすぎている人に向けて、元転職アドバイザーが頑張りすぎないようにするための対処法などを紹介します。

今の仕事をもう少し気楽に考えられるようにするためにも、本記事を参考にしてみてください。

本記事のまとめ
  • 転職後に頑張りすぎないためには気持ちの切り替えが大切!
  • 転職後に頑張りすぎることはメンタルの不調につながる危険性がある
  • 転職後半年から1年間は気楽に仕事をしよう!
転職アドバイザー澤田
転職アドバイザー澤田

転職後に頑張りすぎることは、誰しもが経験あることですよね!

【 本記事の目次 】

転職後に頑張りすぎないようにするには考え方を変えることが大切!

転職後に頑張っている男性

転職後に頑張りすぎてしまう原因には、仕事に対する考え方があります。

たとえば、転職して3カ月以内など入社して間もない時期にもかかわらず、結果を求めすぎているなどです。

たしかに中途採用の場合に、前職の活躍から期待されて採用されるケースもありますよね。この場合、すぐに結果を出したい、と思うことは当然です。

しかし、結果を出したいと自身にプレッシャーをかけると、それが原因でストレスを感じてしまい、仕事の疲れが溜まってしまいます。

そのため、転職後に頑張りすぎないようにするには、仕事に対する考え方を変えることが大切なのです。

入社してから3カ月ほどの期間で悩んでいる人は、もう少し長い目で自分自身の活躍を考えてみてください。

転職アドバイザー澤田
転職アドバイザー澤田

自分自身にプレッシャーをかけることは得策ではありません!

仕事を頑張りすぎだから?転職後にストレスを感じる原因3選

転職後に頑張りすぎている女性

転職後にストレスを感じる原因は、人それぞれ異なります。そして、仕事でストレスを感じる原因の一つに、転職後に頑張り過ぎていることが挙げられます。

こちらでは、転職後にストレスを感じる原因を3つ紹介するので、自身の状況と照らし合わせて確認してみてください。

転職アドバイザー澤田
転職アドバイザー澤田

転職後にストレスを感じている場合は、原因から追究していきましょう!

結果が出ずに自信を喪失したから

転職後の自分の活躍を期待して転職したにもかかわらず、思ったように結果が出ないと焦りを感じますよね。

たとえば、前職は営業成績が良かったにもかかわらず、現職では営業ノルマさえ達成できないなどです。

また、新しいプロジェクトの管理を任された際に、そのプロジェクトが難航すると、自信を失ってしまいますよね。

せっかくチャレンジしたとしても失敗してしまいネガティブな思考になると、自信が失われていき、仕事のストレスへとつながってしまいます。

転職後に結果が出ずに自信を喪失している場合は、結果だけをみてマイナスな思考になるのではなく、結果までの過程を見直して前向きに考えることが大切ですよ。

期待されて採用されたから

即戦力として期待されて入社したにもかかわらず、「会社からの期待に応えられていない」と感じると、焦ってしまいプレッシャーを感じるかと思います。

しかしプレッシャーというのは、自分自身が勝手に感じている場合もあります。

たとえば、入社したばかりの頃に関しては、仕事の環境に慣れていないことから、会社側も実績よりも会社に慣れることに専念してほしいと考えていることがほとんどです。

そのため、自分自身をあまり追い込まないで、前向きに日々の業務に取り組むことが大切ですよ。

期待に応えようと頑張りすぎてしまったがために、心身に不調をきたして働けなくなってしまっては元も子もありませんよね。

転職後の仕事を頑張りすぎて空回りしないためにも、結果を焦らず着実に進めていくことを心掛けてみてください。

同期が良い成績を出しているから

転職後に新しい環境になるだけでもストレスを感じますが、同期が好成績を出していると、さらにストレスを感じますよね。

しかし、培ってきた経験や環境が異なるため、パフォーマンスに差が出てしまうことは当たり前のことです。

そのため、入社当初は同期の成績を気にしすぎず、目の前にある業務を一つひとつ丁寧にこなし続けることが、仕事を頑張りすぎずに長く続けられるポイントですよ。

入社当初から同期の成績に目を向けていると、焦りから本来の持っている力を十分に発揮できなくなる恐れがあり、より悪い方向に進んでしまう可能性があるため注意しましょう。

何がおこる?転職後の仕事を頑張りすぎる危険性

転職後に頑張りすぎてお腹を押さえている女性

転職後に頑張りすぎないことが大切である理由は、頑張りすぎることでさまざまなデメリットが生じるからです。

こちらでは、転職後の仕事を頑張りすぎるとおこることを紹介するので、どのような危険があるかを確認してみてください。

転職アドバイザー澤田
転職アドバイザー澤田

転職後の仕事を無理に頑張り続けると、長期的な活躍ができなくなってしまうかもしれませんよ。。。

メンタルの不調など体調不良が続いてしまう

新しい職場環境に慣れるために頑張るのは自然なことですが、過度なプレッシャーやストレスを感じ続けてしまうと、メンタルの不調や体調不良出てくる場合があります。

転職後の仕事を頑張りすぎるとおこる心身への悪影響は、次のとおりです。

  • 不安感の増加
  • 集中力の低下
  • 頭痛・胃痛等
  • 睡眠の質の低下
  • 食欲不振や過食

さらに、思ったような成果を出ない場合、不安や焦りからさらに悪い方向に進んでしまう可能性もあるため注意しましょう。

転職後の数カ月は、自分のペースで無理をせずに新しい環境に慣れていくことが大切ですよ。

ストレスが溜まり続けてしまう

仕事内容の違いや新たな人間関係の構築など、慣れない環境で働くとさまざまなストレスがかかります。

そのため、ただでさえストレスのかかる環境にいるのに、「活躍しないと。。。」と無理に頑張れば、心へのダメージも相当なものになるでしょう。

ストレスが溜まり続けると、場合によっては適応障害やうつ病を発症する恐れもあるため、無理はよくありません。

せっかく役に立ちたいと頑張っていたのに、病気になって働けないとなれば本末転倒ですよね。

会社からすれば、短期間でダウンしてしまう人よりも、長くじっくり活躍してくれる人材のほうがありがたいものです。

したがって、適度に息抜きをしながら焦らず着実に能力をアピールすれば、おのずと周囲からも評価されるようになりますよ。

しんどい時期を乗り越えよう! 転職後の仕事を頑張りすぎないための対処法

転職後の活動を応援している人たち

転職後の仕事を頑張りすぎないようにするには、考え方を変えるなどの対処法が必要です。

そのため、こちらでは転職後の仕事を頑張りすぎている人に向けて、考え方などの対処法を3つ紹介します。

もっと気楽に仕事に取り組めるようになるためにも、参考にしてください。

転職アドバイザー澤田
転職アドバイザー澤田

仕事を頑張りすぎているなら、仕事に対する考え方を変えてみてください!

半年から1年間は実績を意識せずに働く

転職後に「採用してくれたことに報いたい」「早く結果を出して認められたい」と考える人もいますよね。

しかし、転職後半年から1年間は、あまり実績を意識せずに働くことが大切ですよ。

というのも、転職後の数カ月間は、職場環境や人間関係、仕事内容に慣れることが最優先だからです。

どんなに優秀な人でも転職後に即戦力として働くことは難しいため、自分のペースで新しい環境に慣れることから始めてみましょう。

上司や先輩社員に相談する

転職後の企業に相談してもいいと思える上司や先輩社員がいるのであれば、ぜひ相談してみてください。

というのも、あなたよりも先に入社して、社内のさまざまなことを経験してきているからです。

そのため、上司や先輩社員もあなたと同じような悩みを入社当初に感じ、それを乗り越えた経験があるかもしれませんよ。

また、いま悩んでいることを自分の口から伝えるだけでも、気持ちがスッキリするでしょう。

相談できる人は、必ずしも身近にいるわけではありません。そのため、相談できる人が身近にいる場合は、恵まれている状況だといえます。

上司や先輩社員からしても、あなたから悩みを相談されると、自分が信頼されていると感じられるため、あなたの面倒見も良くなる可能性がありますよ。

中長期的な目標を意識する

中長期的な目標とは、数カ月、数年先の未来で達成したい目標です。

そして、中長期的な目標を意識することで、自分が何を求めているのかが明確になり、それを達成できる可能性はずっと高くなるといえます。

また、中長期的な目標は、強力なモチベーションにもつながります。

たとえば、「今月の売上目標を達成する」というよりも、「5年後までに〇〇万円の売上高を達成する」と中長期的な目標を具体的に設定したほうが、自分の中にある成功への意欲が高くなりますよね。

このように中長期的な目標を決めて自分の進む道を定めることで、目の前のしんどい時期は通過点にすぎないと考えられますよ。

転職後に頑張りすぎているなら周りからの評価を忘れることが大切!

期待されて入社した場合や、優秀な同期がいる場合、つい転職後に頑張りすぎてしまいますよね。

しかし、頑張りすぎるとストレスが溜まってしまい、仕事が嫌いになってしまう可能性があるため注意が必要です。

そして、転職後に頑張りすぎないためには、周りからの評価を一旦忘れてみることが大切ですよ。

転職後に頑張り過ぎてしまう多くの原因は、「会社や上司から評価されたい」と感じることが原因であるため、本記事を参考に考え方を変えてみてください。

考え方を変えることで今よりも、もっと気楽に仕事に取り組めるようになりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
【 本記事の目次 】